rabslide1rabslide2rabslide3rabslide4rabslide5

モリンガとは?

モリンガの学名はMoringa Oleiferaで日本名はわさびの木と呼ばれています。
モリンガの根がわさびの香りがし、辛さもあるために「わさびの木」を呼ばれています。

原産地は世界最古の伝統医学「アーユルヴェーダ」発祥の地インドでアーユルヴェーダでもモリンガは有効な植物として葉、根、種が有効利用されてきました。

東南アジア各地でも多く栽培されており、特に当地フィリピンではマルンガイと呼ばれ葉、鞘は料理に使う野菜としで伝統的に利用されてきました。フィリピンの伝統医療ヒロットでも不妊、授乳、高血圧、糖尿病、体力回復などに利用され、フィリピンの西洋医学の医師の中にもいろいろな病気の患者にモリンガの摂取を勧める医師がたくさんいます。

アフリカではモリンガの栄養素、栽培のしやすさからアフリカを飢餓から救う植物としてWHO(世界保健機構)で栽培衣促進のプロジェクトも行なわれています。

欧米ではモリンガはMiracleTree(奇跡の木)と呼ばれすでに多くの人々は栄養補給のために利用しています。また種から採れる油はモリンガオイル、ベンオイルを呼ばれ古代エジプトではクレオパトラも使用したといわれ、昨今では多くの化粧品メーカーが注目し使用されています。

日本では自生していない為にまだまだマイナーな植物ですが、今後モリンガの驚異的な栄養素が知られてくれば必ず近い将来注目されるサプリメントとして脚光を浴びるようになると確信しています。

モリンガついて詳しくはは「モリンガ?」をごらんください。



モリンガの栄養素

モリンガには奇跡の木と呼ばれるように驚異的な栄養バランスで人に必要なほとんどの栄養素が含まれています。

モリンガは人間に必要な必須アミノ酸をすべて含む唯一の植物で、その他人に必要な各種ミネラルも多く含んでいます。

アミノ酸の一種のGABA(γ‐アミノ酪酸)、やポリフェノールも多く含んでおり、まさに驚異の栄養素を持つ「奇跡の木」を呼ばれるのにふさわしい栄養食品です。

モリンガの栄養素について詳しくはは「モリンガの栄養素」をごらんください。



モリンガの効能

モリンガは薬ではありません。モリンガは健康に良い天然のサプリメントです。

世界各地では薬のような効果があるとも言われており、癌。高血圧、糖尿病、アレルギー、不妊などに効果があるという情報が多くあります。
確かに、癌が治った、糖尿病が治った、症状が改善した、不妊症で子供が出来なかったの子供が出来たなど多くの情報をインターネットでも目にすることが出来ます。

しかし、既知の薬効成分を含んでいないモリンガが病気に直接効果があったどうかは判りません。おそらく高バランスで含まれている栄養素が体の栄養バランスを改善し、自然治癒力を高めいろいろな病気に症状の改善が見られたり治癒したりしたと考えることが自然ではないでしょうか?

モリンガは薬ではありません。体調を整え、自然治癒力を高める天然のサプリメントです。

モリンガの効能について詳しくはは「モリンガの効能」をごらんください。